主婦の経験から作られたポイントサイトランキングです
ポイントサイトランキング

楽天カードの年会費などの概要から機能まで詳しくご紹介します。

楽天カードは、なんと9年連続で顧客満足度No1です。 年会費や発行手数料は一切無料となっており、大人気のクレジットカードになります。CMなどでキャンペーンをやっている期間に入会すると、ポイントのキャッシュバックもありますので、そのタイミングで入るのがお勧めでしょう。券面もいろいろ選べるので見た目にこだわる女性にもピッタリです。それでは、楽天カードの多くのメリットとデメリットをご紹介していきます。

楽天カードをつくるには

楽天カードにはとてもたくさんの種類があります。
まずは、自分にぴったりのカードを見つけるところから始めましょう。
普通にお買い物決済などで使おうというお考えであれば、王道の楽天カードや、女性に大人気の券面デザインがとてもかわいいものがお勧めです。
どのカードにするのか決めたら次はブランド選びです。

Mastercard、VISA、JCBの3種類から自分に合うブランドを選択しましょう。
各ブランドで使える場所に違いがありますので、すでに他のクレジットカードをお持ちの方は、そのカードと違うものにするのがよいでしょう。海外旅行に出かけたときに支払いができないといったトラブルも避けることができます。
中でも人気なのは、世界200以上の国や地域、4,600万カ所以上の加盟店で使えるVISAでしょう。申し込みはパソコンやスマートフォンから簡単に24時間申し込み可能です。その後、約1週間ほどで手元に届きます。
審査はとても簡単で、専業主婦の方やアルバイトの方、学生の方でもカードを作ることができるのも魅力です。

楽天カードのメリットその1

楽天カードのメリットとして、ポイントがとても簡単に多く溜められることが挙げられます。電気、ガス、水道の公共料金の引き落としや、携帯電話の通信料の引き落とし、各種税金や、国民年金やその他の保険の引き落としなどでも、ポイントがどんどん溜められます。

また、楽天はネットショッピングも充実しており、楽天市場や楽天ブックスで買い物をすればポイントを5倍ゲットできるサービスもあり、ますますポイントが溜まります。
さらに、お得に買える楽天スーパーセールを定期的に開催しており、LINEで楽天の公式アカウントと友達になっておいたり、メールを登録しておくと情報がタイムリーに入手できます。

楽天カードのメリットその2

メリットはそれだけではありません。
街中の楽天ポイント加盟店では、カードを使えばポイントが何倍も溜まるなどのサービスを常時行っています。エースコンタクトやメガネストアなどのコンタクトレンズショップや、カラオケの鉄人、時遊館などのカラオケ店、日本海庄やはなの舞などの大手チェーン居酒屋やレストラン、美容院、てもみんなどのリラクゼーションマッサージや整体、カフェなどとても身近なお店ばかりですので、ぜひ街中に足を運んだ際は、レジに楽天ポイントのマークがないかを確認してみるといいでしょう。

サカイ引越センターや、アリさんマークの引っ越し、ハート引越センターなど、引っ越しの際は金額も高くなりますので、ポイントを一気に稼ぐチャンスです。
もちろん配送してもらえる時間やクオリティも大切ですがポイントもお忘れなく。
稼いだポイントで、新しい家具や日用雑貨を賢く入手しちゃいましょう。

楽天カードのメリットその3

楽天カードにはさまざまなメリットがあります。
まず、溜まったポイントは1ポイント1円として換算され、楽天グループやその他で利用することができます。ここまでは普通のクレジットカードのメリットと同じですが、楽天カードの1番のメリットは、なんといっても溜まりやすいことです。
100円使えば、1ポイントたまるという還元率のよさ。
マクドナルドやミスタードーナツなどの飲食店やコスモ石油などのガソリンスタンドでは、現金でなくポイントでそのまま支払いを済ませることもできます。

また、楽天カードには楽天Edyなどの非接触決済機能を搭載しているものもあります。
この場合、ポイントを楽天Edyに交換してコンビニなどさまざまなお店での支払いに利用することができます。Edyはコンビニはもちろん、とても多くの店舗で使えるのでポイントをかなり有効的に使うことができると言えますね。

楽天カードのデメリット1

入会時にもらう数千ポイントという大きなポイントのうち、カード利用特典としてもらえるポイントには実は期限が設定されています。CMなどでも一切言っていないので、もらってから気づく方がほとんどのようです。翌月末までに使わないと失効してしまうので、だまされた!と思う方も多いのではないでしょうか。これを知っていたら入会しなかったのに!という方にとってはデメリットと言えるでしょう。

一般的な楽天カードは年会費無料なのに対し、楽天ETCカードや楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードなど機能を追加したカードは年会費がかかるというデメリットです。特にETCはあると便利だなという理由でつけられる方が多いですが、後々そんなに高速に乗らないから損だ・・・という声も多く聞かれます。ただ、年会費がかかるという点においては、他のクレジットカードにも言えることですので楽天カード限定のデメリットとは言えません。

楽天カードのデメリット2

また、利用明細書の郵送が有料となるので正式なものとして郵送してもらわないと困るという方にはデメリットかもしれません。しかし、個人的に確認できればいいかなという方は、楽天eーNAVIを使えばインターネットで簡単に利用履歴を確認できるので困ることはないと思います。プリントアウトした明細書で落ち着いて見ることで、不正使用を発見できる確率も上がりますので、時間を見つけて明細書をプリントアウトして確認することをお勧めします。

券面を重視すると、国際ブランドが限定されてしまうデメリットもあります。ミッキーマウスなら選べる国際ブランドはJCBだけなどです。券面デザインも国際ブランドもどっちも譲れない!という方には大きなデメリットかもしれませんね。

楽天カードは海外でもメリット多数!

楽天カードを海外で使用した場合にもたくさんのメリットがあります。
まず、国内での買い物同様、日本円にレート換算された後その1%にポイントがつきます。また、海外に行くときに大金を持ち歩くのはトラブルに巻き込まれるなどの危険リスクも高まります。細かいものはキャッシュで払い、お土産や観光はクレジットカードで払うのがよいですが、レストランがキャッシュしか受け付けていなくて急遽キャッシュが必要になった!という場面に遭遇することもよくあります。

そんなピンチの場面でも、楽天カードは大活躍!楽天カードは、海外のATMで現地の通貨が引き出せる海外キャッシング対応ですので、空港や駅のATMでいつでもどこでも現地通貨が手に入ります。キャッシング枠を設定と、暗証番号を確認してから海外に行きましょう。

楽天カードの旅行傷害保険

楽天カードが海外旅行傷害保険の有効となるには、日本を出国する前に、自宅から出発する空港までの交通費か海外旅行代金を楽天カードで支払っていることが条件となります。交通費は、全額でなく一部でも支払っていれば問題ないので、成田空港であれば成田エクスプレスの乗車代や自宅から最寄り駅までのタクシー代のみでも問題ありません。

ただ、自家用車で向かう場合はガソリン代や高速道路料金を支払っても対象とはならないので、楽天カードの海外旅行傷害保険を利用する場合は公共交通機関で行くようにしましょう。楽天の旅行傷害保険は、三井住友海上が担っていますので安心です。
携行品損害20万、傷害治療費用200万など、細かくしっかりしていますので海外旅行に行く際は、出発までの間に一度楽天カードを使い傷害保険を有効にしておきましょう。

楽天カードで生活をより便利に

楽天カードには、付帯カードというものがあり、対象のクレジットカードにその機能を付帯することで、生活をより便利で快適なものへと変えることができます。
たとえばETCの機能を付ければ、便利なだけでなく高速道路を通るたびに料金に応じたポイントが付きます。
年会費は無料ではありませんが、高速道路を頻繁に使う方はお得と言えます。

また、家族カードとして複数枚作れば、家族の出費をまとめて一元管理することもでき、支出が分かりやすくなります。家族で同じクレジットカードを使うことで、いままでバラバラだったポイントも合算することができ、よりお得な買い物ができます。

楽天カードでマイルも溜められる

飛行機によく乗る方にお勧めなのが、楽天マイレージクラブカードです。
このカードのメリットは、クレジットカードとポイントの他に、電子マネーとANAマイレージクラブの機能が追加されていることです。また、マイルからポイントへ、ポイントからマイルへの変更も可能のため最終的に1つにまとめることができる便利なサービスもあります。

空港でゆったりとした時間をラウンジで過ごしたい方には、国内の空港ラウンジが年に2回無料で使える楽天ゴールドカードや、年会費は少し高めですが国内・海外のラウンジが無制限に無料で利用できる楽天プレミアムカードがお勧めです。海外旅行では乗り継ぎの時間が長いことも多くありますので、ラウンジで飲み物や軽食を食べながらのんびりとした時間を過ごせるのはとてもよい気分転換になります。また、レストランやオプショナルツアーなどの予約をしてくれるサービスなど世界38拠点ある現地デスクが豪華でノンストレスな旅をサポートしてくれます。

楽天カードはビジネスでも大活躍!

楽天プレミアムカードをお持ちの事業主様は、小カード的存在として楽天ビジネスカードに申し込むことができます。経理を一本化することで可視化し、無駄を省くことができるだけでなく、ETCカードの複数枚発行が可能となります。1枚ずつに年会費はかかりますが、カード発行に上限はなく何枚でも発行できますので社用車にも活用できます。
最大の目玉は、Visaビジネスオファーの活用です。ビジネスカード限定の、全国の高級かつ厳選されたレストランの予約を特別価格で提供していただけます。

その他にも、倉庫レンタルや名刺印刷、電子書籍などで割引サービスが受けられます。サービスはそれだけでなく、ゴルフ場での優待や、安心感のある老舗ハイヤーサービス、社員への健康を考慮し、サントリーウェルネスの健康食品を送料無料で受け取れるなど、さまざまなサービスも充実しています。これらに対しても、100円につき1ポイントたまるサービスは継続されるのでとてもお得と言えます。

Apple Payでより便利に!

Apple Payとは、iphoneやApple Watchにクレジットカード情報を登録することで、QUICPayとQUICPay+対応の加盟店でより便利に決済をすることができるサービスです。端末は日本国内で販売されたiphone7.Iphone7Plus、Apple Watch Series2以降の機種が対象です。QUICPayとQUICPay+の加盟店は、コンビニだとセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、ミニストップなど大手はすべて対応しています。

スーパーでは、イオングループはもちろんのことイトーヨーカドー、アピタ、ピアゴなど地域密着型のスーパーもしっかりと対応しています。ドン・キホーテや大手ドラッグストア、近鉄、阪急などのデパートも対応しつつあります。食事処では、若者が多く集うすき家やすかいらーくグループ、かっぱ寿司など大手チェーンの参加が目立ちます。食べ物だけでなく、家電で有名のビックカメラやヨドバシカメラはもちろん、ファッションやレジャー施設でもApple Payを活用出来る場所はどんどん増えており、ますます便利になるでしょう。

ポイントの有効期限

ポイントの有効期限はポイントの種類によって違いますが、通常のポイントの場合、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間となります。1月に最後のポイントを獲得した場合、12月末がポイント失効期日となります。ただ、期間内に1度でも買い物などでポイントを獲得した場合、有効期限はそこから1年後に伸びます。

ここがポイントなのですが、期間内にポイントを獲得した場合、すべてのポイントの有効期限が伸びるということです。つまり、1年間の間に1度でもポイントを獲得すればすべてのポイントがそこからまた有効期限が1年間伸びるということです。実質、ポイントの有効期限は無期限と言えます。ポイントを利用しただけや、期間限定ポイントを使用しただけでは伸びませんので気を付けてくださいね。

詐欺メールに気を付けて

これほど大人気で多くのユーザーをもつ楽天カードは、残念ながらやはり詐欺に利用されてしまうことも度々あります。詐欺メールでは、’楽天市場で使うIDとパスワードを使い不正にログインしクレジットカードを使用しようとした形跡がみられたのでIDとパスワードを再設定してください’という、あなたのIDとパスワードを盗み出すためのメールが来ることがあります。

メールについているURLをよく確認してからアクセスするようにしましょう。
偽サイトでのフィッシング詐欺もあり、その中にはrakutenの文字があるURLも多いため騙されてしまう方も多くいるとのことです。どちらの場合も、楽天のページをブックマークして使用し、偽のサイトへアクセスしないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?みなさん、複数のクレジットカードを使っていて、ポイントがバラバラにちょっとずつ溜まるだけで結局使わずに有効期限切れになっていませんか?それはとてももったいないことです!

この機会に、メリット尽くしで人気ナンバーワンの楽天カードを作り、ネット決済も店舗決済も公共料金の支払いもすべて1つにまとめて管理してみてはいかがでしょう。1ポイント1円の還元率は本当に素晴らしいです。あっという間にポイントがどんどんたまっていきます。ポイントが使えるところやEdyが使えるお店も豊富にあるので、とても楽しくポイントを活用できると思いますよ。

関連コンテンツ

公式サイトはこちら