主婦の経験から作られたポイントサイトランキングです
ポイントサイトランキング

人気の格安simランキング!主要15価格と通信速度で徹底比較

格安simはsimカードだけを購入するだけですから、初期費用が安く2年しばりがないあるいは、料金プランもシンプルでわかりやすいなど、メリットが多々あるものの、通信料金が高く相談窓口もほとんどないなどデメリットも多々存在します。主要15価格と通信速度で人気ランキング順に徹底比較してみました。

UQモバイル

UQモバイルはKDDIブランドのauを母体とする格安simであり、KDDIの別ブランドUQコミュニケーションズが提供しています。
自社オリジナルの回線を持っておりau系スマートフォンに適したサービスを展開しています。UQの一番の特徴は無料通話付きプランとしておしゃべりプランがS、M、Lと3つある点と、2台め以降から家族割りプランが設定されている点をあげる事ができます。これは他社にはないUQ特有のサービスですから、家族で格安モバイルをお得に使いたいユーザーの間でも、ぐんと人気ランキングがあがっています。

UQには1回5分以内なら何度でもかけ放題もしくは無料プランがついてくる特典もあり、データー通信は最高月々3GBまで利用できます。データー通信も音声通話も両方贅沢に使いたい人にはUQはおすすめです。ほとんど通話はしないという人にはデーター高速プランも選択できます。基本的には2018年現在で最安月々980円の利用となりますから、お得にモバイルをさくさく使いたい人にもおすすめのモバイルです。

データー容量は3GBと同じですが、音声通話をオプションで付けるプランや最大500kbpsまで利用できる、データー無制限プランなど撰べるプランは豊富にありますから、自分にぴったりのプランと出会えるのではないでしょうか。気になる通信速度ですが通信速度が断然安定して早いとの声が圧倒的です。これは通信品質が高いという事を意味しています。
自社回線を利用している分だけ格安での提供が可能になっているのは良いのですが、通信需要が最高潮に達する時間帯はさすがにこの限りではありませんから、ご注意ください。

nuroモバイル

nuroモバイルは高速光通信で人気が高い、老舗大手キャリアSO-NETが提供する格安simで、ドコモ系回線を利用しています。nuroモバイルの特徴は料金設定が他社と比較して大変シンプルでわかりやすい点です。利用できる高速通信が2GBから10GBまで1GB刻みで設定されており、最も安価な2GBはデーター通信だけなら2018年現在で基本700円ですがSMSが付けると150円高くなります。音声通話付きでは料金が倍になります。

以降10gbまで200円ずつアップしていますから最終的には音声通話付きで3000円になります。さらに200円上乗せすると1日5時間までの通信で最低2500円から利用できますから、大手キャリアと比較してもかなりの格安です。時間割サービスでは他に深夜割りというのもあって、同じく5時間ですがさすがに深夜利用は限られた人という事もあって、1000円安くなっています。

大手キャリアで平均6000円から7000円かかっていた人もnuroモバイルへ乗り換えただけで、最高2000円から3000円で利用できるようになるというのは、やはり魅力であり人気ランキングでも上位を占める理由でもあります。ただし1回ごとの通話料金は30秒ごとに20円課金されますから、せっかく高速通信料金で安く上げても、結局通話料金で相殺されてしまう事もありえます。ただしsms受信だけなら無料で国内送信では1通につき3円かかります。

音声通話を日ごろからたくさん使う人は月額800円のオプション料金を支払って10分かけ放題サービスを利用するのがおすすめです。それでも大手キャリアと比べたら断然お得と感じるのではないでしょうか。気になる通信品質ですがクチコミ評判では正直いって評価はかなり低かったのが現状です。少しずつ改善されてきてはいます。

mineoモバイル

Mineoは大元がケイオプティコムですから関西方面の人にはお馴染みです。昨今その安さと通信品質の良さでじわりじわりと関西圏外までユーザーを広げてきている人気simです。Mineoの特徴はドコモ回線とau回線およびソフトバンク回線の3つのキャリアから選択できる事です。したがって通常各キャリアでかかってくるsimロックに妨げられる事なくスムーズに乗り換えが出来るという事になります。

これはより安いSIMに乗り換えようか迷っているという人にはうれしいサービスです。さらに他社にはない特徴として月ごとに余ったパケットをユーザー同士で分け合う制度があります。一般的には余ったパケットを繰り越すシステムになっているのですが、人によっては毎月パケットが不足しがちというヘビーユーザーもいるはずです。

mineoさんが業界初とも言えるパケットシェアを始めたのです。ユーザーはいつでもデーター通信の貯蔵庫であるフリータンク経由で、パケットを譲られたり逆に寄付したりなどの出し入れができます。他者へパケットのプレゼントもできますし、従来通り繰り越しもできるのです。肝心の月額料金を見てみると、格安simだけに通信料は大手キャリアよりも安いですし、わかりやすさもあります。

データー通信のみなら2018年度現在でauの場合は最安700円の500mbで利用できますが、音声通話付きデュアルタイプだと600円ほど加算された金額になり、最高30gbで5900円から6510円で利用できます。他ドコモとソフトバンクの場合では少しずつ違ってきますから、現在保有のキャリアから乗り換える場合は、確認してみてください。

U-モバイル

Uモバイルは日本最大級の動画配信サイトU-NEXTが提供する格安simです。基本的にはドコモ系回線ですがソフトバンクとも連携しています。25gbという国内最大級の大容量を誇る、UモバイルMAXやアイフォンおよびアイパッド向けのソフトバンクサービス、そして容量別の料金設定であるU-Mobileプラン、通話サービスもしっかり利用したい人向けLTE使い放題プランと大きく分けて4つのコースかあり、好みのコースを選択できます。

撰べるコースが豊富である事と大容量の動画や音楽をストレスなく目一杯満喫したいヘビーユーザーおすすめのプランが目白押しである点が、Uモバイルの最大の特徴です。ゲームにせよ動画にせよ音楽にせよ、大容量使えるモバイルはあまりありませんから、気兼ねなくデーターを使いたい人には魅力的です。特にLTE使い放題コースは全国に散在するwifiスポットが少なくとも82000箇所以上で無料開放されています。

専用アプリのU-CALを利用すれば通話もお得に使えます。データー専用プランと通話プラスのどちらかを撰ぶ事が出来て、2018年度現在最高2980円で利用できるのは、一般的な他社と比較してもおよそ半額レベルですから、やはりお得感があります。ただしデータープランは利用期間の上限がない代わりに、通話コースは半年から1年の利用期間ですから注意が必要です。

25GBの大容量を利用できるUモバイル-MAXに関しては、通話サービスを付けても3000円を切る価格で利用できる上に、半額通話がもれなく付いてきますし、500円を月々追加するだけで3分だけの通話が50回無料になるという割引サービスも利用できます。通信速度も他社と比較するとかなり良質ですから、ストレスなく動画や音楽コンテンツを気兼ねなく使えるのも人気です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE simは老舗のプロバイダーが提供する格安simで、通信品質の良さや大容量の通信データーを提供している事、特に動画や音楽を無制限に楽しめるエンタメフリープランなど、他社にはない言い版振る舞いのサービスで人気を集めているsimでもあります。ドコモ系回線とau回線と両方の回線が利用できるマルチキャリア対応で、ユーザーはどちらか好みの方を撰ぶ事ができます。

いずれを撰んでも2018年現在で最低3Gを900円から利用でき、最高30Gまでデーターsimのみなら6750円で利用できます。特に人気なのが6Gプランでデーターsimならドコモ回線で1450円、SMS付きプランがドコモとauで1570円、音声通信サービスがドコモとau回線で、2150円で利用できます。これだけの大容量でデーター通信が利用できれば、大容量の動画も音楽も、ストレスなく利用できます。

全体的に他社と比較してみても提供される通信料がかなり多めなのですが、通信速度はきちんと安定して提供されるのか懸念もあるでしょうが、混雑時であっても10MBPS以上の通信速度が常に出ていますから、問題はなさそうです。ユーザーからの評判も上々です。さすが人気ランキングでも上位を示すBIGLOBE SIMの底地からを感じさせます。

日ごろから通話が多めという人には10分かけ放題プランが800円で利用できる他、1時間以上の通話パックを月600円で利用できるプランもあります。さらに90分通話を月1620円のところ830円で利用できるプランや、3分以内の通話を何度もかけたい人には月600円の3分かけ放題プランを提供されます。その他にも大幅値引きの特典を期間限定でいくつも利用できるなど、お得感満載のサービスが目白押しです。

IIJmio

IIJmioはNTTが提供する格安simですからドコモとauいずれの回線をも選択できるマルチ対応であり、混線時に通信速度が乱れがちな状況であっても、安定しているいずれかを選択できるなど、臨機応変な対応が常に整備されている事で人気を集めています。ランキングでも上位をしめるなど国内王手としての技術力を誇っています。

ユーザーの中には複数のモバイルを利用する人や、家族で複数回線を利用している人も多いのですが、そのような時でもIIJmioならお得にまとめる事ができますから、使い勝手の良さはあります。特にファミリーシェアプランなら12Gbまで4000円から5000円代で利用できますから、お得感があります。特にIIJmioならではのサービスとして同じプラン内であればドコモau両者回線の間で、データーを分け合えるサービスは注目株です。もちろんタイプが違う者どうしでもシェアは可能です。

2018年現在で期間点綴ですが初期費用3000円のところを、なんと1円で提供などという、大盤振る舞いの割引キャンペーンを展開している事もありますから、ホームページは時時チェックしておいた方が賢明です。その他各種お得なサービスが安定的に提供されますから通話以外でもさくさくと利用したいヘビーユーザーにもIIJmioはおすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイルは大人気SNSのLINEが提供する格安simです。開通して3年あまりですが、使い勝手の良さや通信速度が安定して提供されている事もあって、人気ランキングでも上位を占めている人気simでもあります。ドコモとソフトバンクのいずれかの回線を撰ぶ事ができ、月々の利用料が500円から利用できるという、お手軽コースも準備されています。

人気SNSがバックについているSIMならではのサービスとして、lineはもちろん主要SNSおよびline音楽で消費される通信データーがカウントされませんから、実質無料で利用できるのが一番の特徴です。データーを専用アプリでつながった友達や家族とシェアできるのも、LINEsimの魅力です。それでも使い切れなかった場合は次月へ繰り越されます。もちろんLINEのサービスはそのまま格安simでも利用できます。

ラインモバイルの料金設定は実にシンプルでわかりやすいのが特徴です。LINEアプリおよびトークが無料で利用できるlineフリーは500円から1GB利用でき、line以外のSNSをデーターフリーで利用できるプランは月1110円から利用でき、3GB~10GBの間でお好みの通信量から選択できます。Lineミュージックをお得に楽しみたい時も、他のSNSと共に月1810円から利用できるプランもあります。

オプションサービスの中には他社ではやっていない端末保証も月450円で利用できるサービスもあります。LineモバイルはSNSを主体にしたサービスを様々利用できるsimですから、SNSを各simでもお得に使いたい人におすすめです。

楽天モバイル

楽天モバイルはご存じ楽天グループが運営している格安simです。人気ランキングトップを維持し続ける超売れっ子simでもあります。ドコモ系回線になりますが通信速度は他社と比較しても断然早いですし、混雑時間帯でも乱れる事なく快適に使えます。楽天モバイルの特徴は楽天グループのサービスが、楽天ポイントも含めてもれなく利用できるゆえに、何をするにしてもお得感がある点と基本料金が1000円引きで、2年間10分間通話をかけほうだいにできるスマホーダイサービスが利用できる点です。通信容量が2GBから24GBまでの4つのコースがありますから、状況に合わせて選択できます。

たまったポイントは普段のお買い物や公共料金支払いにも活用できるなど、sim利用以外のメリットも得られますから、会員登録はぜひしておきましょう。初月はすべて2980円からのスタートになります。データーを使い切った後も最大1bpsだけ使い放題になります。楽天会員ならではの会員割引と長期割引が適用されますから、安さと安定を求めるなら、楽天モバイルはおすすめです。

ロケットモバイル

ロケットモバイルは業界最安値を誇る文字通り格安simですが、知名度が低いのではじめてサービス名を耳にする人も多いかもしれません。通信速度はかなり抑えられていますから正直言って遅いです。遅いなりにユーザーが少ない分安定していますが、動画や音楽など大容量データー通信をしたい人には不満が残るところでしょう。SMSの利用が主な人やとにかく安く上げたい人あるいは通話利用もさほどないという人には向いています。

運営元は株式会社エコノミカルという、こちらもさほど有名ではない会社です。ドコモ系回線を主に利用していますが、特徴として通信費にしても月額利用料金にしても安いという点をあげる事ができます。会員登録したりアプリをDLしたりあるいはアンケートに答えたりしてもらえるロケモポイントを、毎月の通信費に充てる事が出来るサービスがあって、最高にたまれば月々の通信費を0円にする事も可能です。

料金プランは月額税抜き298円の神プランの他に1GBから20gbまでの6プランまでの中から選択できますが、3GBまでは1000円を切る価格での利用となり、最高4000円を切る価格での提供になりますから、費用をできる限り抑えたい人にはおすすめです。オプションとして150円でsmsが使える他月500円の追加料金で端末保証サービスを利用できます。

他社にないサービスとして月途中でもリアルタイムで料金プランを変更できる柔軟な姿勢をとってもいます。ロケットモバイルは格安sim専門の会社ですから、他社のように機種はあつかっておりませんから自分の機種を持っている事が最低条件になります。

b-モバイル

b-mobileは日本通信株式会社が運営している格安simです。日本で初めて格安simサーヒスを開始した会社として知る人ぞ知る老舗のsim会社です。ドコモ系回線が基本ですがソフトバンク回線も提供しています。月額190円で利用できるデーター通信専用のプリペイドカード190PADSIMや期間限定で1GBを980円で利用できるサービス、通話とデーターが月額990円で利用できるジャストフィットsim、通話料を半額で利用できるアプリが提供されている他に、毎月7GB利用できるプリペイドSIMなどが提供されています。

990円プランは使った分だけ支払いますから、利用にも無駄がありません、利用には1gbあたり500円必要です。10GB過ぎた分も1GBにつき350円で利用可能です。ソフトバンクとドコモの間でsimロックを解除しないで利用できるから使い勝手の良さが際だちます。通話をよくするという人向けに5分間かけ放題が500円で利用できます。500円までは通通話料が実質無料で利用できます。通信基盤は比較的安定しているものの、混雑時には遅くなる事もありますから注意してください。

OCNモバイルone

OCNモバイルoneは言うまでもなくNTTコミュニケーションズのプロバイダーであるOCNが提供する格安simであり、日本では三本の指に入る人気の接続会社ですから、回線はもちろんドコモです。通信品質を他社と比較しても技術力と安定感は確かなものですし、知名度の高さもあってランキングは常に上位に食い込んでいます。

OCNモバイルoneで格安simを始めるには音声対応simカード、データー専用simカードそしてSMS専用simカードのいずれかを単体で購入するのが必須です。音声通話を日ごろからたくさんやっているという人におすすめなのは音声対応simカードです。通常の使い方ができて3gbだけ使えて月1,600円での利用になります。とにかく通話が多い人はかけ放題サービスがおすすめです。

音楽や動画などデータ通信を楽しみたいなら専用simカードが必須ですが、1日110MBまでを900円から利用できて月に一度コース変更もできます。SNSを気ままに使いたい人にはSNS専用カードがオススメです。月単位で利用できるプランもありいずれのカードも6GBまでは1,000円前後で購入できてすぐに始められますから、OCNモバイルoneは安く使えて便利なところが人気を呼んでいるのでしょう。実際には3GB以上15gbまで利用しても最高7,000円を切りますから、やはりOCNモバイルoneは安いといえます。

OCNモバイルoneならではのサービスと言えば、機種と音声simを合わせて月1,980円で格安simが利用できるセット売りがあります。セットの中身はそれぞれありますから、自分の状況に合わせて撰べば良いのです。OCNモバイルoneはセキュリティ管理も高く端末破損のための補償も完備されています。その他OCNモバイルoneならではのお得なサービスが満載です。

/eonモバイル

イオンモバイルは日本の代表する大手ショッピングモールイオンが提供する格安simです。全国各地に大型店舗を展開する組織力と資本を駆使して、格安料金を実現しています。イオンモバイルの特徴は料金設定の選択肢が豊富である点と、ライトユーザーから超ヘビーユーザーまで、ストレスなくsimを満喫できるサービスが整備されている事と、その安さにあるのですがかゆいところに手が届く、細やかなサービス展開がなされている点は、他社と比較してもけしてひけをとりません。

通信品質に関しても高速とはいかないまでも、最低限必要な速度が常に確保されていますから、安定していると言って良いのではないでしょうか。イオン特有のサービスとして20才以上の男女を対象に、イオンモバイルの端末およびデーターsimの無料貸し出サービスを行っています。ようは自社サービスのお試し体験ができるというものです。さすがに機種選択はできないのですが、機種変更に迷っている人にはうれしいサービスです。

ヘビーユーザー向けに家族あるいはグループ単位での音声通信simのシェアリングも行っています。最大1契約で5回線までの契約ができて多種多様な組み合わせでプラン選択できますから、自分にあったプランと出会えるはずです。普段からよく通話をやっているという人のためには、通話料半額しかも登録料も基本料金も一切不要、電話番号そのまま利用できるなどお得感満載のサービスも準備されています。このようにユニークで手厚いサービスで、人気ランキングでは常にトップクラスに位置しています。

ジェイコムモバイル

J:COMモバイルは大手ケーブルテレビ会社のJ:COMが運営する格安simです。業界内でも格安料金でパケット利用ができ、特にケーブルテレビですでに契約しているユーザーにはお得感満載の特典が様々準備されています。動画や音楽を満喫したい人は自社オンデマンドアプリがおすすめです。回線はドコモが基本ですがスマホセットでの利用者向けにau回線も準備されています。

J:COMモバイルで利用できるのは格安スマホとデーター通信とがセットで利用できるサービスと、simカードプランDとの2つのサービスが利用でき、複数のプランの中から選択できます。格安simの定番Dプランはドコモ回線を利用し、3GBがデーター通信のみなら900円音声付きなら1600円の利用となります。標準的な使用が主なユーザーができる限り安くあげたいという時にはおすすめです。

J:COMモバイルはスマホセットがスタンダードですから、スマホセットで購入希望のユーザーがお得と感じるサービスを多種多様準備しています。通信品質は知名度が低くユーザーが少ない分だけ、乱れ方が小さい面はあります。J:COMが普及している地域のみでのサービス提供になるゆえに、提供地以外の場所での安定感は保証できません。しかしながら初期設定のサポートが受けられる事と動画を楽しみたいユーザーには、魅力的です。

DTTSIM

DTTSIMはプロバイダー関連企業のフルーピットグループが運営するプロバイダーで、20年に実績を持つ老舗です。DTTSIMの特徴は他社と比較してみた時圧倒的な安さで格安simが提供されている事と、データー通信simの半年お試しプランを実践している事に特徴を見る事ができます。最高10GBまで利用でき、データープラン、SMS付きおよび音声通信すべて2000円代で利用できます。

ネット使い放題プランも2000円代での提供ですから、とにかく安く利用したいという人にはおすすめです。通信品質は他社と比較するとかなり遅めの状態で安定しています。動画や音楽などのデータープランはあるのですが、少しストレスを感じてしまう人は多いかもしれません。

リブモ

LIBMOは静岡県人にお馴染みのTOKAIコミュニケーションズが運営する格安simです。TOKAIコミュニケーションズは静岡では名の知れた大手プロバイダーであり、プロバイダー事業の他生活に根ざしたインフラ事業を幅広く手がける大手グループ企業でもあります。人気ランキングでは常に県内トップの位置をしめ、県内唯一のシェアを誇る人気企業ですからまったく無名の運営会社よりも安心感はあります。

LIBMOの特徴は他社と比較しても安価でわかりやすいという点があります。最大速度200KBPSのライトプランがデーター通信でなんと半年間80円での提供であり、音声通話付きでも半年180円の提供、10分かけ放題でも半年1030円での提供というのは、業界随一ではないでしょうか。半年過ぎた後も500円を切る家格からの提供です。

30GBの大容量プランも5480円からの提供になります。SMSはすべてのコースで利用できます。通信品質ですが混雑時でも最低限以上の速度が出ていますから、ストレスなく利用できます。

まとめ

主要格安simを提供しているモバイル会社15各社に関して、他社との比較もしながら人気ランキングと照らし合わせながら、特徴と通信品質および価格設定を中心にまとめてみましたが、それぞれにオススメポイントがあり品質も安心できるものが多かったのですが、全体的に大手会社の方が安定度は高くサービスも行き届いています。小中規模企業でも安定した通信量を提供しているところもあり、他にはない自社サービスを提供しているところは、人気も高くなっています。

関連コンテンツ

公式サイトはこちら