主婦の経験から作られたポイントサイトランキングです
ポイントサイトランキング

お金が貯まる人と貯まらない人の7つの違いとは


お金を貯金したいけど、なかなか貯めることができない、そんな方が考えているお金に対する考え方は、どのような違いがあるのでしょうか。 今回は、お金が貯まる人と貯まらない人の7つの違いについて解説していきます。

貯金の方法

・貯まる人

給料が入った時に、すでに貯金分を検討してから、ひと月に使用する経費を算出します。そのため、自然にお金を貯めることが可能です。先に貯金のことを考えると、自然に貯めることができます。

・貯まらない人

給料が入った時に、使える分を浪費していき、余った分を貯金するといった考え方では、貯金がすることができません。貯金するために、最初に貯金分を計算しておきましょう。貯めることが出来る人ととの違いは、先に貯金のことを考えたお金の動きをしているかどうかです。

貯金口座の違い

・貯まる人

貯金用の口座を事前に開設しています。特に金利がいい銀行を選択して、貯金を続ける傾向が多いでしょう。あえてキャッシュカードを作成せずに、貯蓄専用しています。貯めたお金を使わない工夫を施すことで、自然にお金が貯まるでしょう。

・貯まらない人

生活預金と定期預金を一緒の口座で考え、結局使ってしまうことで貯金が貯まらない傾向にあります。貯金が出来る人になるためにも、口座は貯蓄用の物を事前に作ることが大切です。貯めることが出来る人ととの違いは、貯蓄用のお金は、簡単に手を出すことができないようにしているということになります。

買い物する時の違い

・貯まる人

欲しいものがある場合は、我慢せずに購入する傾向にあります。しかし、計画的にコツコツと資金を貯めて、購入できる金額が貯まった時に、購入するため、無理なく家計を圧迫することはありません。

・貯まらない人

生活に必要なものは買わないという方は、我慢が爆発してしまい、浪費に走ってしまう可能性があります。小さな浪費を繰り替えしてしまい、結局貯金ができない傾向にあるので、我慢せずに欲しい物は貯めてから購入するようにしましょう。

普段のお金の使い方

・貯まる人

ATMからお金を引き出す時には、手数料がかかります。しかし、貯金が出来る方は、手数料のことを計算して、手数料がかからない時間帯に必ずお金を引き出すでしょう。もしくは毎月1度だけお金を引き出す日を決めて、それ以外は引き出すことをしないという方もいます。

・貯まらない人

日々の忙しさから、ATMの手数料を気にせず、こまめに引き出してしまう傾向にあります。コンビニなどの手数料は余計にかかってしまいますが、気にせず降ろしてしまう方は、貯金が貯まらない傾向にあるので、注意しましょう。

家の中の違い

・貯まる人

断捨離をしたことがある方は、無駄な物は排除する性格をしていることから、浪費を抑えることが出来る傾向にあります。そのため、無駄遣いが少なく、貯金が可能です。

・貯まらない人

欲しいと思った物はこまめに買ってしまい、部屋の中が物で溢れている場合は、貯金が貯まらない傾向にあります。断捨離を決意して、思い切って必要な物だけを購入する気持ちとして、入れ替えることが重要です。

出費をトータルに考えているか

・貯まる人

生活に必要な物や定期的に発生する費用について、1ヶ月と言わず、1年先まで計算して出費を計算している方は、貯金を計画的に行うことができます。定期的に発生している固定費や変動費を計算して節約している方は、特に貯めることが可能です。

・貯まらない人

出費の計算が苦手で、細かく先読みできない方は貯金が貯められない可能性があります。貯めることが出来る人との違いは、計画性の違いなので、日頃からお金の計算は習慣化することが大切です。

身の丈にあった買い物をしているか

・貯まる人

年収が低いから出費がかさみ貯金が出来ないのではなく、年収の範囲でどれくらいの生活を行うことができるのか、事前に計算出来る方は身の丈があった買い物をすることが可能です。

身の丈があった生活を続けることで、徐々に貯金を貯めていくことが出来るので、貯める人になるためには、生活に必要なお金を計算することが大切になります。

・貯まらない人

出費を抑えようと考えていても、生活水準が変えられない方は、年収が高くても浪費してしまい、お金が貯められない傾向にあります。貯めることが出来る方の違いは、身の丈にあった生活水準を検討しているかどうかです。

貯めるためには、生活水準を落とすことも視野に入れる必要があるでしょう。

まとめ


お金が貯まる人と、貯まらない人ではお金に対する考え方が根本的に違うということがわかりました。貯まらない人は、貯めることが出来る方との違いを理解し、考え方を参考に、行動することが大切です。

今回紹介した貯める人との違いを理解し、少しずつ真似してみることで、貯金を可能にすることができます。慎重に行動していき、理想的なお金が貯まるまで貯金を意識していきましょう。

考え方を変えることができれば、自然と貯金を実践することができるので、気負わずに気軽に実践してみてください。

関連コンテンツ

公式サイトはこちら