主婦の経験から作られたポイントサイトランキングです
ポイントサイトランキング

【保存版】不労所得を得る方法全33種【2018最新】


収入を得るために労働を必要としない不労所得は、夢みる方が多い中、簡単には実現することが難しいのが特徴です。
今回は、不労所得を得るための方法を33種紹介していきます。不労所得を計画している方は参考にしてみてください。

預金


銀行にお金を預ける預金だけでも、不労所得は発生します。しかし、現在の預金利子は銀行普通預金で0.02〜0.09%程度と言われているため、預金で得ることができる不労所得は限られているのが特徴です。

そのため、預金で不労所得を得ることは、リスクが少ない分、メリットも少ないといえます。本格的に不労所得で生活を考えるのであれば、他の現実的な方法を試す方がいいでしょう。

債券


日本国債を不労所得として活用する場合、元本を国が保証しているということもあり、日本が潰れない限りは元本保証で利回りすることが確定しているため、不労所得を一定の額得ることはできるでしょう。

預金よりも金利が高いことから、債券の方が不労所得して価値はあるかもしれません。ただ金利は5年満期の場合0.08%程度であるため、かなりの額の債券を所有する必要があります。

債券についても、不労所得で生活することを検討するのであれば、預金と同じで現実的はないでしょう。

確定拠出年金


一定額を給与から掛け金として拠出することで、投資信託を行う制度の確定拠出年金は、普通の投資信託よりも手数料が安く、税金が非課税になるのがメリットです。

節税対策としても効果が期待できるため、会社でも導入することを検討しているところが増えています。そのため、不労所得として得ること以上に、節税としての役割を期待する方が多いといえるでしょう。

ただ60歳以上ではないと引き出しすることができないため、60歳以下で不労所得を得る場合は、他の方法を模索する必要があります。

株式投資



不労所得の中でもメジャーで、チャレンジしようと考えた方も多いのでないでしょうか。デイトレードや配当金投資など、株といっても所得を得る方法はいくつかあります。

基本的に相場の動きをよく観察することが重要で、不労所得として株を運用したいのであれば、企業が株主に利益を分配する配当金(インカムゲイン)を意識した方がいいでしょう。

ただ配当金を目当てに不労所得を目指すのであれば、元手がかなり必要になってくるため、会社員が株式投資で不労所得を得るのは、経済的に難しい面があります。

FX


外国為替証拠金取引を行い、日本円と外国通貨の売買をした差で利益を得る投資方法です。FXではレバリッジと呼ばれる、元手によって利益や損益の金額が大きく変動する投資内容になっているため、損失するリスクも高いのが特徴になります。

そのため、不労所得を得るためといって、高額な金額で取引をしても失敗すると、損をしてしまう可能性もあるので、取引は慎重に行うことが大切です。

比較的、少額での取引でもいいのであれば、スワップポイントと呼ばれる通貨間の金利差から利益を得る方法も試してみましょう。

投資信託


投資信託は、ファンドマネージャーに委託することで、利益を得る方法であるため、自分でお金の運用を行う必要がないのが特徴です。また投資信託では、自分では取引できない新興国の株式に投資することもできるため、少額でも取引することができます。

ただ投資信託を行うためには、多少の手数料が必要になるので、理解しておくことが大切です。分配金といった運用したことで得た利益の一定割合を購入に還元されるため、上手く不労所得を増やせない可能性もあります。

金額や投資信託の件数を増やすことで、不労所得の金額を上げることができますが、全て順調に利益が上がるとは限らないので注意しましょう。

先物取引


農作物や鉱物といった、価値が上がると予測される物品を売買し、利益を出す投資方法です。値動きが激しいため、成功すると所得は大きくなりますが、失敗すると損益が大きいのがデメリットになります。

確実に価値が上がるという保証はないので、先物取引を行う場合は、甘い話に騙されないように気を付けることが大切です。

仮想通貨



ビットコインといった紙幣の枠を超えた決済・送金方法として、ブロックチェーンをという仕組みから考案された通貨で、現在では変動も激しく、いつから参入するかで価値が大きく変わります。

時代やタイミングによって、価値が大きく変わってくる傾向にあり、価値が安定しないのも参入を躊躇ってしまう原因の一つなので、不労所得として参入するには勇気がいるでしょう。

ただ事前に所持していれば、徐々に価値が高騰し、金額的に大きな利益になる可能性もあるので、情報はいち早く察知できるように、準備を進めておくことが大切です。

アフィリエイト


ネットで専門性が高い情報を掲載したページを作成し、閲覧者を増やすことで、販売サイトに誘導する件数が増えます。誘導した後に、商品が購入された場合に広告料金を獲得することができるのです。

充実したコンテンツ作成には時間がかかりますが、上手く運営することができれば、不労所得を十分に得ることができ、自分の趣味に時間を費やすことができるかもしれません。

ただ構築するためには、1年以上かかるケースもあるので、気長に実践していくことが大切です。

YouTube



世界的に有名な動画サイトとなったYouTubeでは、広告を表示することで広告収入を得ることができ、投稿した動画が再生される度に、不労所得を得ることができます。
近年ではユーチューバーを目指す方が増えてきて、参入するハードルは高くなりつつありますが、反対に多くの方が見ている今がチャンスかもしれません。

現在では1再生ごとに0.01円まで下がっていると言われていますが、それでも再生回数が多いトップユーチューバーは、億単位で稼ぐことが出来ています。
再生回数だけでなく、登録者数も増やすことで、定期的に動画を見てくれる方を増やすことができるので、人気が出る動画を作成することが大切です。

他の方がやっていることを参考にする方もいますが、新しいジャンルにチャレンジすることで、隙間産業のように、視聴者を増やすことができるかもしれません。

不動産投資


不動産経営することで、マンションやアパート方の家賃収入で、不労所得を得ることができます。ただ数百万円以上の元手が必要で、初期投資が高いのが特徴です。

ただ建物の管理については、管理会社に委託することで、労働力がほとんどかかりません。不動産投資は、マンションやアパートを借りる方が多くないと、収益を得ることができないので、土地など下調べを行ってから、人気が出るか判断することが大切です。

借りる人が少ない場合は、維持費だけで損益になってしまう可能性があるので、投資した分は回収できるように意識していきましょう。

本などの印税


本や歌といったライセンス権利は、著作物として扱われるため、印税で不労所得を得ることができます。特に本の印税は書籍代金の6〜12%程度と言われているので、売れる本を作成すれば、利益が大きいのが特徴です。

ただ特別な才能に加え、売れるまでの道のりが険しいことから、いきなり参入して不労所得を得ることは難しいでしょう。努力に伴う結果が出るとも限らないので、印税で生活することは難しい不労所得の方法です。

シェアリングサービス


近年では民泊や車の貸し出しサービスのような方法で、不労所得を得ることが注目されています。民泊の貸し出しサービスでは、旅行者などをターゲットに、自分が住んでいる部屋を予約が入ったら明け渡し、所定の日数泊まってもらうといった内容です。

ただ鍵の受け渡しやルールの取り決めなど、毎回説明する必要もあるため、手間がかかります。不労所得としては、面倒な部分もあるので、参入するためには根気が必要です。

また車の貸し出しサービスについては、普段は車を持て余してしまう方が増えていることから、人気の不労所得の方法となっています。

貸し出しにも一定の法規制が設けられているので、誰でも実践できる訳ではなく、初期投資や準備が必要になるので注意しましょう。

太陽光発電


持ち家を持っている方であれば、屋根などを改造し、太陽光発電で不労所得を得ることもできます。助成金も発生するため、取り付けてみたいという方も多いですが、まだまだ参入するためには、初期投資が高く数百万もの元手が必要です。

また太陽光パネルについても、酸性雨などで破損する可能性があり、取り換え費用も発生することを考えると、おすすめできない不労所得の方法かもしれません。

駐車場


土地を保有していれば、駐車場を設置して不労所得を得る方法もあります。ただ設備や環境を整える費用が必要なので、一定の初期投資がかかるでしょう。

また集客が見込める土地でなければ、駐車場も利益を十分に得られずに、維持費だけがかかる可能性もあるので、必ず不労所得が生まれる訳ではありません。

駐車場を建設する場合は、土地や環境を意識して、不労所得が望めるか判断することが大切です。

コインランドリー


家に洗濯機がない環境の方や洗濯機が壊れて、すぐに衣類を洗濯したいという方に重宝されるのが、コインランドリーです。近年では、コインランドリーと隣接してカフェを経営する店舗もあり、需要が高まりつつあります。

ただ駐車場と同じで集客が望める土地であるかどうかの見極めが重要で、駐車場以上に判断するのが難しいのが特徴です。

維持費なども考えて、利益になるかどうか判断してから建設することを考えましょう。

自動販売機



飲み物を購入することができる自動販売機も不労所得の方法として、導入することができます。権利を買うことで、自動販売機を設置することができますが、初期投資がかかるのが特徴です。

また集客が見込める土地であることも検討しておかなければ、初期投資や維持費で損をしてしまう可能性があります。

近年ではコンビニでジュースなどを購入する機会が増えているので、自動販売機の需要も下がっているのかもしれません。

年金


公的制度による不労所得の代表ともいえるのが、年金です。高齢になった場合には、働くことが難しくなるため、国民年金など、就業している間に納めておくことで、65歳以上から一定額を受け取ることができます。

ただ高齢になってからではないと受け取ることができない不労所得になっているため、65歳以下から不労所得を得たい方は、他の方法を探し、実践する必要があるでしょう。

また年金についても、保険料を納めておかないと、65歳以上から年金を受け取ることができないので、早めに納めておくことが重要です。

失業保険


会社を退職した方が、再就職するための準備を十分に行えるように、公的機関から受け取ることができる失業保険。ハローワークで申請することで、決まった給付金を得ることができます。

ただ退職事由が自己都合なのか会社都合なのかで、支給される日数などが異なるのが特徴です。また給付を受け取ることができるのは、限られた日数だけなので、不労所得として継続して得るためには、他の方法を探す必要があります。

生活保護


最低限の生活を公的機関から保証してもらうことができる生活保護は、日常生活に支障がない程度の金額を支給してもらうことができます。

ただ十分な収入を得ることが出来た場合は、生活保護を受けることができないため、不労所得を得る方法としては不十分です。

満足いく不労所得を得るためには、他の方法を探す必要があるでしょう。

親族の遺産


元々は自分の財産ではなく、親族が亡くなったことで、受け取ることができる不労所得です。兄弟がいる場合は、平等に分配されることもあるため、全額支給される訳ではありません。

また相続税もかかることから、高額な遺産も全て手元に入る訳ではないのが特徴です。不労所得として、十分な金額であれば問題ありませんが、徐々に遺産はなくなっていくことが考えられるので、継続的に一定額の不労所得が入る方法を他にも検討した方がいいでしょう。

システム利用料


IT関係に詳しい方であれば、システムを使用することで発生するシステム手数料を不労所得にすることができます。

メールマガジン配信システムやホームページの作成システムなど、考えられるものはいくつかあるでしょう。ただトラブルが発生した場合を考えて、顧客対応を事前に検討しておく必要があります。

システムを構築するためには時間がかかりますが、プログラミングが得意な方であれば、一度はチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。また一度システムが構築でき、人気が出た時は、かなりの不労所得になることが予想されます。

コピーライティング



インターネット上で販売する時に、縦長で書かれた文章などがあります。その文章のことをセールスコピーといい、宣伝のような役割を担っているのが特徴です。

セールスコピーを作成するコピーライターは、売上の10%を報酬とするなどの契約を行い、売れれば売れるほど、コピーライターにはお金が振り込まれることになります。

ただコピーライティングは想像以上に難しく、センスがないと売れるセールスコピーを作成することは難しいでしょう。

またコピーライターとしての実績がないと、依頼する企業の方もいないので、自分の能力をマーケティングする能力も必要になります。

ただ一度人気のあるコピーライターになると、1年で億単位を稼ぐことができる人材もいるため、不労所得を得る方法としてはいいかもしれません。

ネットワークビジネス


初期費用が安く、誰でも簡単に実施することができるのがネットワークビジネスです。日本でも昔からある手法ですが、日々様々な企業が参入しているため、新しい形のネットワークビジネスも普及しています。

ただネットワークビジネスで不労所得をしっかり稼げている方は少なく、ほとんどの方が赤字か、途中で放棄してしまう方が多いのが特徴です。

参入はしやすいですが、不労所得を十分に得るためには、時間や労力が見合わない可能性があるので、不労所得を得る方法としてはおすすめできないかもしれません。

役員報酬


会社に出資して、発生した会社の利益から役員報酬を得る不労所得の方法です。ただ出資したからといって、何もしなくても言い訳ではありません。会社の利益に繋がる方法を会議し、伝達することが役員としての役割です。

自分にとっても、会社が利益を上げられないと、役員報酬の額が低くなってしまうので、やることはたくさんあります。出資金額についても、会社の立ち上げに十分な初期投資が必要になるため、元手を準備しておくことが重要です。

そのため、参入するのが難しく、さらに運用していくためにも労力がかかるので、不労所得として安定した報酬を得るのは、時間や手間がかかるでしょう。

ただ会社が大きく成長し、役員報酬を十分に得ることができれば、毎年かなりの報酬を得ることができるので、チャレンジしてみる価値があるかもしれません。

ウェルスナビ


次世代の投資方法の一つと言われているのが、ウェルスナビです。ウェルスナビとは、人口知能が搭載されたロボアドバイザーが、全自動で資金を運用してくれる投資方法になります。10万円から始めることができる投資で、毎月の自動積立も可能です。

AIが自動で投資を行ってくれるため、深く考えることなく、資金運営が可能なため、不労所得としてあるべき姿の一つといえるかもしれません。

AIを信用して、お金を預けることが出来るという方は、一度実践してみて、新しい投資方法を体験してみてはいかがでしょうか。

ソーシャルレンディング


2005年にイギリスで始まった投資方法で、「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれています。ファンドに融資を行うことで、リターンを得ることができる不労所得の方法です。

ファンドとの仲介役となるソーシャルレンディング業者が存在していて、業者を通してファンドに融資を行う仕組みになっています。

ファンドは運用期間を予め決めておき、運用が完了した際に元本と利子が戻ってくることになるのです。利子分がソーシャルレンディングで得ることができる不労所得の利益になります。

ファンドに投資を行うだけで、後は何もしなくても利益が発生するのを待つだけです。利回りは投資するファンドにもよりますが、5%~14%が相場になります。

電子書籍販売


本での不労所得はハードルが高く、出版社に持ち込みするのも難しいでしょう。しかし、電子書籍であれば、参入するだけであれば、簡単に実施することができます。

近年ではAmazonのキンドル ダイレクト・パブリッシングを活用すれば、自作のイラストや漫画を無料で投稿することが可能です。

電子書籍に人気が出て、売上が上がるほど、不労所得は高額になるので、自分の作品を出してみたかったという方は、一度電子書籍で出版してみてはいかがでしょうか。

ただユーザーに購入してもらうためには、タイトルや表紙のデザインを真剣に考えることが大切です。人気のある電子書籍として売り上げるのであれば、こだわりを持って投稿することを意識していきましょう。

フランチャイズオーナー


すでに成功している会社から、ブランドの名前やビジネスモデルを借りることで運営するフランチャイズは、実際に成功している店舗の真似をすることから、成功する可能性が高いのが特徴です。

その対価として、加盟金やロイヤリティを会社に支払うのが、フランチャイズがさらに利益を得る方法になります。

フランチャイズ加盟のメリットとしては、成功しているビジネスモデルを参考にするため、やり方次第では、成功する可能性がある点です。

フランチャイズオーナーとして経営し、運営自体を従業員やアルバイトに任せれば、不労所得を得ることができます。

フランチャイズ店舗は、コンビニのイメージが強いですが、近年では業種の幅が増え、小資金で始めることができるフランチャイズも存在しているため、参入しやすいでしょう。

成功率が比較的高い、フランチャイズオーナーとして不労所得を得るのであれば、業種を決めて、運営方針を固めていくことをおすすめします。

写真やイラスト投稿



ストックフォト(またはイラスト)という仕組みを活用して、写真やイラスト投稿で不労所得を得ることができます。

ストックフォトは、様々な用途で使用されることを予想して用意しておく、写真やイラストのことを指していて、利用者が写真やイラストを選んでダウンロードすることが出来るのが特徴です。無料で提供する場合は、広告収入モデル、有料の場合はその分が不労所得に該当します。

自作の写真やイラストがダウンロードされるほど、報酬が発生するので、一度人気が出ると、高額な不労所得を得ることが可能です。

複数の写真やイラストを投稿するほど、高額な報酬が発生する可能性があるので、やってみる価値はあるといえるでしょう。

写真撮影が好きな方やイラストを描くのが好きな方に向いている方法なので、趣味を不労所得として活かしたい場合は、ストックフォトを活用してみてください。

ブックメーカー


スポーツなどをメインに賭けを主催する会社のことです。日本ではスポーツでの賭け事は違反行為とみなされますが、海外では合法の国が多く、合法の国からの許可を受けたことでブックメーカーは提供されています。

日本国内でも、ブックメーカーだけの不労所得で1000万円以上の利益を獲得している方もいるそうです。

1日に予定されている試合をチェックして、賭けをすることで、不労所得を獲得することができる可能性があります。出来るだけ勝ちそうな方に賭けることで、損益を免れることができ、不労所得の獲得のチャンスになるでしょう。

試合では出来るだけ上位の選手に賭け、オッズが低くても、掛け続けることがブックメーカーで稼ぐ方法です。

1度の試合では、高額の取引は難しいですが、コツコツと何度も賭けることで、不労所得を十分に得ることができます。

株主優待


一定の株を保有することで、年に1、2回は保有している株の会社から優待サービスを提供してもらえる方法です。

テレビ番組「月曜から夜更かし」の桐谷さんが、株主優待名人として話題になり、近年でも同じように株主優待で不労所得を得ようと意識している方が増えています。

牛丼の吉野家はサービス券、JALは航空割引チケットなどをもらうことができ、食費や旅行費を浮かせることが可能です。興味のある企業の株を保有すれば、優待サービスを取得することができるので、元手があれば、色々と株を保有してみてください。

ただ優待サービスについては、事前に決められている物が贈られてくることが多いので、それを理解した上で株を購入することが重要です。

優待を売却すれば、現金化することもできるので、色々と試してみてください。

ラインスタンプ販売


携帯での連絡方法として普及されているラインでは、メッセージの代わりにラインスタンプを送る若者が増えています。そんなラインスタンプを自分で作成し、販売する「LINE Creators Market」というサービスで不労所得を得ることが可能です。

販売した後に、売上が生じることで、35%の報酬を手に入れることができます。ストック型のビジネスモデルになるので、イラストや絵が好きな方は、チャレンジしてみてもいいでしょう。

ラインの利用者は日本だけでなく、主要国で4ヶ国存在しています。利用者は1億人以上と言われているので、ラインスタンプの売上も期待できるでしょう。

市場が大きいため、売上にも期待でき、トップクリエイターは1億円を稼ぐ方も多いと言われています。

ただラインスタンプを作成する方は、かなり多いため、インパクトのあるデザインを考えることが重要です。参入方法は簡単なので、試しに一度ラインスタンプを作成してみてはいかがでしょうか。

不労所得の税金の考え方


不労所得を得ることが出来た後に考える必要があるのが、税金の考え方です。どのような内容で税金を納める必要があるのか、詳しい内容を紹介していきます。

1.配当控除

配当金や分配金などの利益が合計で38万円以下であった場合や課税所得が195万円〜330万円以下である場合は、配当控除によって税金を安くすることができます。

ただ確定申告を行っていることが条件なので、税務署で所得の申請が漏れないように、しっかり申告することが大切です。また課税所得が195万円以下の場合は控除が用意されていないので注意しましょう。

2.損益計算

配当金や分配金などの利益が、合計38万円以上であった場合や課税所得が330万円以上あったりする場合に、株式との損益計算を行うことで税金を安くすることが可能です。ただ確定申告をしていることが条件なので、漏れがないように申告するようにしましょう。

3.源泉徴収

配当金や分配金で利益が発生し、最初から源泉徴収分を支払う場合は、確定申告の必要はありません。その場合は20.315%の源泉徴収を支払うことになります。

事業所得とは?


不労所得で事業所得に該当する種類は、アフィリエイトやYouTubeでの広告収入です。継続して収入が発生する場合は、確定申告の際に事業所得として申請するのが一般的な申告方法になります。

年間で事業所得が20万円を超える場合に、確定申告が必要で、総収入金額−必要経費=事業所得の計算です。申請区分がわからない収入がある場合は、税理士の方に相談して、確定申告を済ませることが重要になります。

不動産所得とは?


マンション・アパート・駐車場や土地貸付で得た不労所得のことを不動産所得とすることが多く、総収入金額−必要経費=不動産所得で算出します。

必要経費としては、土地の固定資産税やマンションなどの管理費・修繕費、建物に対する保険料、減価償却費などが該当するので、計算する内容が多い場合は、税理士の方に依頼することで管理してもらいましょう。

不動産所得で不労所得が発生する場合は、確定申告を行う必要があるので、申告漏れがないように気を付けてください。

まとめ


不労所得を得る方法を全33種ほど、紹介しましたが、自分が出来そうな方法はあったでしょうか?趣味で不労所得を狙う写真やイラスト関係、本の出版などは楽しみながら実践できる方もいるので、一度不労所得を目指して投稿してみてください。

投資などは、全般的にリスクが高い分、リターンが大きく、不労所得を得やすい内容になっていますが、損益が出ることを考えると、二の足を踏んでしまいます。

ただ近年では、ITの流通が盛んになっていることから、ネット関係でやり取りできる不労所得が増加傾向にあるので、流行に乗る気持ちで不労所得を考えると、意外とあっさり稼ぐことができるかもしれません。

特にAIによる投資のウェルスナビは、完全に手が離れた上で運用してくれるので、不労所得の新しい形であるといえます。自分で行動しなくても、勝手に資産が動くので、結果を知るのが楽しみになりそうです。

他にも魅力的な不労所得の手段があるので、自分に向いている手段を見つけて、実践してみてください。

関連コンテンツ

公式サイトはこちら