主婦の経験から作られたポイントサイトランキングです
ポイントサイトランキング

JALカードのにはメリットばかりでデメリットはほとんどない!?

JALの飛行機の搭乗や宿泊、日ごろのショッピングで溜まったポイントをさまざまなものに交換できるJALマイレージバンクとクレジット機能を併せ持ったカードをJALカードと呼びます。 このJALカードの作り方、メリットやデメリット、よりお得にポイントをためる秘訣などを具体的にご紹介します。

JALカードの概要

JALマイレージバンクとは、JALの飛行機の搭乗やホテルの宿泊、日ごろの街中ショッピングなどで簡単にマイルを貯められ、それを空港券や電子マネー、JAL提供の特別な商品など、さまざまな特典と交換できるJALならではのとてもお得なプログラムのことです。

このJALマイレージバンクは、JALマイレージバンクカードとして単体でも用いられますが、クレジットカード機能も付いたカードと合体させることで、より便利なものへと進化しています。このとても便利なカードのことをJALカードと呼びます!

JALカードの種類

JALカードには、通常のJALカードの他に、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカード、学生専用カード、20代限定カード、家族カード、法人カードなど、お客様のニーズに合わせて種類が豊富にあります。
それぞれのカードで年会費や、提携できるブランド、マイルの獲得数、空港免税店での割引率、選べる付帯保険の内容にもかなり差が出てきます。
なんと、CLUB-Aゴールドカードとプラチナカードは憧れの空港のラウンジも使うことができます。
それでは、それぞれのカードの概要とメリット、デメリットを1つずつご紹介します。

一般的なJALカード

通常のJALカードは、入会後の1年間は年会費が無料というメリットがあります。
2年目からは2160円の年会費がかかります。選べる提携ブランドは、VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCBなど主要なブランドはすべて選べますので自分が一番使いそうなブランドか、今持っているクレジットカードと別のブランドを選ぶと良いでしょう。

入会後に初めて搭乗した際にボーナスポイントとして1000マイルもらえます。
これは嬉しいメリットですね!ショッピングの支払いをJALカードですれば、200円で1マイル付与されます。

海外旅行保険と国内旅行傷害保険では、最高1000万~3000万円までが保障されます。対象の免税店でのお買い物の際、JALカードで支払いをすることでなんと5%の割引も受けられますのでJALカードでお支払いをすることをお勧めします!

CLUB-Aカード

CLUB-ALカードは、1年目から10,800円の年会費がかかります。
選べる提携ブランドは、VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCBなど主要なブランドはすべて選べます。1年目から年会費がかかるのは一般的なJALカードと比較するとデメリットとなるかもしれません。

しかし、入会後に初めて搭乗した際にボーナスポイントとして5000マイルもらえます。普通のカードのなんと5倍です。ショッピングの支払いをJALカードですれば、普通のJALカードと同様200円で1マイル付与されます。海外旅行保険と国内旅行傷害保険では、最高5000万円までが保障されます。
対象の免税店でのお買い物の際、JALカード決済で10%の割引となります。

その他、空港で荷物を預けるために長時間並ぶことが多い中、ビジネスクラス・チェックインカウンターが使えますのでほとんど待つことなくノンストレスでチェックインができます。年会費が多くかかりますが、多く空港を利用する方には、一般的なJALカードよりもこちらの方がメリットがデメリットを上回るでしょう。

CLUB-Aゴールドカード

CLUB-Aゴールドカードは、1年目から17,280円の年会費がかかります。選べる提携ブランドは、こちらもVISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCBなど主要なブランドはすべて選べます。

入会後に初めて搭乗した際にボーナスポイントとしてCLUB-Aカードと同様、5000マイルもらえます。ショッピングの支払いをJALカードですれば、100円で1マイル付与されます。CLIB-Aゴールドカードの倍の高い還元率です。ショッピングをこのカードですべて行えば、かなりのマイルが貯まります!これはかなりのメリットでしょう。

海外旅行保険と国内旅行傷害保険では、5000万~1億円までが保障されます。
空港などの免税店でのお買い物の際、10%の割引となるのでお買い物もとてもお得にできます。その他、プライオリティの高いビジネスクラス・チェックインカウンターが使えます。長い列を横目に、すいすいとチェックインできるなどメリット多数!空港ラウンジも使えますので、他の人よりも優雅な時間が過ごせるでしょう。

プラチナカード

プラチナカードは、1年目から33,480円の年会費がかかります。
一般的に言えば、これはかなり高い入会費で、デメリットと思う方もいることでしょう。しかしその分だけメリットもたくさんあります。

入会後に初めて搭乗した際にボーナスポイントとしてCLUB-AカードとCLUB-Aゴールドカード同様、5000マイルもらえます。ショッピングの支払いをJALカードですれば、100円で2マイル付与されます。これは他のクレジットカードと比べても、かなり高い還元率と言えます。

海外旅行保険と国内旅行傷害保険では、最高1億円までが保障されます。
対象の免税店でのお買い物の際、10%の割引も受けられます。お土産を多く買う方は、かなりお得にお買い物ができますよ。

もちろんJALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用、空港ラウンジサービスの利用も受けられます。搭乗時間までの時間を、軽食を食べたりリラックスしながらのんびりと待つことができます。これだけでも高い年会費を払うだけのメリットは充分あります。

学生専用JALカード navi

このカードは、18歳以上30歳未満の学生限定のJALカードで、学生ならではのメリットもいっぱいです。まず1つめのメリットは、在学期間中の年会費がずっと無料!ということです。利用限度額は10万円までと少ないですが学生にとっては充分でしょう。

JALカードと同様、初回搭乗で1000マイル、ショッピングでは100円につき1マイルが付与されます。貯まったマイルは航空券などに交換する際、条件付きですが6割引きなど破格の値段でチケットを購入することも可能です!そして、なんとマイルの有効期限は在学期間中は無期限!

それだけでなく、TOEIC600点以上など指定された語学検定に合格すると500マイル、卒業後もJALカードを継続すると2000マイルのプレゼント!学生のうちからがっちりを若者の心をわしづかみにしようとするJALの意気込みが感じられます。

20代限定 JAL CLUB EST

20代のビジネスパーソンにぴったりなのがこの20代限定 JAL CLUB ESTです。
年間5回、国内のサクララウンジの利用が可能であったり、JALビジネスクラス・チェックインができるなどメリットもいっぱいです。

仕事に慣れることにとても体力や精神力を使う20代の方も、こういった気配りのできたサービスに触れることで心にゆとりが持てますね。かっこいいビジネスマンと対等に扱われることで、ビジネスマンだ!という気合いも入れられそうです。マイルも60ヶ月の延長期間がもたれており、何回も旅行に行けない方でも、しっかりとマイルを貯めてから休みを取り楽しい旅行に当てられます。

家族カードと法人カード

家族カードは、親カードを持つ会員と生計を同じにする配偶者や両親、18歳以上の子供に発行されるカードです、その親カードと同じ待遇が受けられます。

また、注目すべきメリットはマイルの合算ができること。家族プログラムに登録することで、すべてのカードのマイルが1つに合算でき、効率よくマイルをためることができます。

ビジネスシーンでクレジットカードをよく使われる方には、法人カードがお勧めです。カード付帯保険や、割引サービス、ETC機能などさまざまな特典がビジネスをスムーズかつ有意義に運んでくれます。

JALカードのマイルの貯め方①

JALカードのマイルを貯めるには、ショッピングや旅行をバンバンしなくてはいけないのかというとそうではありません。100円で1マイル貯まるカードを使う場合、1万円で100マイルです。東京から大阪までの往復をマイルで買おうとすると12,000マイル、東京沖縄間だと15,000マイルいりますので、120万円以上買い物しなくてはいけません。

これだけをみるとマイル全然貯まらないじゃん!とあまり現実的な数字ではないように見えますが、マイルの貯め方はいろいろあります。私が一番お勧めしたいのは、公共料金をJALカードでの引き落としにすることです。銀行口座からの引き落としにしている方!めちゃくちゃもったいないですよ!電気代、水道代、ガス代などすべてをJALカードからの引き落としにまとめましょう。

JALカードのマイルの貯め方②

公共料金だけでなく、ケーブルテレビ代や衛星放送、NHKの受信料、新聞購読料などももちろん対象です。家族の携帯電話代もまとめて1つのカードから落とすことで効率的にマイルが貯められます。

それでだけではありません。医療保険や損害保険、国民年金保険や住民税など、加入している保険や税金もJALカードで支払うとマイルがもらえます。これらの費用すべてをJALカードで支払うと、1ヶ月でかなりのマイルほどは貯められるでしょう。飲み会の幹事をすることが多い若者は、その飲み会代を自分のカードで払うことでより一層マイルが貯められますよ。

JALカードのマイルの貯め方③

マイルが2倍貯まる特約店があるのをご存知でしょうか。
JALカード特約店なら、JALカードで決済するだけでなんと2倍のマイルが貯まります。さらにJALカードにショッピングマイルプレミアムに入会追加すれば、さらに倍の4倍のマイルが貯まります。

特約店には、イオングループや、ファミリーマート、松坂屋、ENEOS、紀伊国屋書店、マツモトキヨシ、ハックドラッグなど普段よく使うお店がたくさんあります。お店のジャンルは食べ物、ファッション、雑誌、資格などの習い事、美容など多岐に亘ります。
こららすべてをJALカードで支払うことで効率よくどんどんマイルが貯められますよ。自分の自宅近くの特約店は、JALカードのホームページから簡単に探すことができます。ぜひ一度確認してみましょう!

出張代や会食代を自分で建て替えてから後で振り込まれるという会社にお勤めの方の場合、JALの特約店に加盟しているホテルやレストランを利用することでさらにマイルが貯まります。

マイルをたくさん貯めるプレミアムサービス

さらにお得にマイルを貯める方法として、JALカード ツアープレミアムとJALカードショッピングマイルプレミアムというサービスがあります。JALカード ツアープレミアムは、対象割引運賃でJAL便に搭乗した場合、合計で区間の100%のマイルが貯まります。通常エコノミークラスでJAL国際線に搭乗した場合、通常フライトマイルは50%ですので2倍ということになります。

また、JALカードショッピングマイルプレミアムは、月々の定期的な支払いやショッピングでJALカードを使うとすべてポイントが2倍たまります。年会費が3,240円かかりますが、それでもメリットのほうが断然多いので、ぜひ入会していただきたいです。
すでにJALカードをお持ちの方でもオンラインで後付けで簡単にサービスを追加できますので、ぜひやってみてください。

マイルはどんなことに使える?①

JALのマイルをためるメリットはとてもたくさんあります。
例えば、航空券を格安でマイルで購入できたり、ホテルの支払いを座席をエコノミーからビジネスクラスへなど1つ上のクラスへアップグレードができたりします。ツアーなどの支払いに使えるクーポンに交換するのも良いでしょう。それだけで、少し特別な旅へと変わりますね。

その他、JALとっておきのグルメや期間限定商品への交換や、日本全国の地域にゆかりのあるサービスを届けてもらえるJALふるさとからのおくりものに変えるのもとてもお勧めです。北海道からは、十勝若牛ステーキセットやお刺身セット、四国からは純米大吟醸やふぐ刺し盛り合わせなど絶品の特産品が届きます。期間限定商品は、期間ごとに選べる商品が変わるとても楽しいサービスです。ワインや日本酒、ビジネスバックなど男性に喜ばれるものだけでなく、ウェッジウッドのティーカップや、カトラリーセット、ル・クルーゼのフライパンなど老若男女問わずもらったら嬉しい商品がたくさんあります。

マイルはどんなことに使える?②

また、JALが提携しているパートナー会社のポイントへ交換することも可能です。
パートナーには、ビックカメラやファミリーマート、ハーゲンダッツ、JALシネマ、マツモトキヨシなどたくさんのジャンルから選択できます。羽田空港のペットホテルのクーポンは、出発間近まで愛犬と一緒にいたいという愛犬家の皆様から大人気ですよ。

マイルでJALカードの年会費を払うなんていう裏技もあります。こちらのサービスは、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードに限定されますがJALカードのアップグレードをお考えの方にはぴったりのサービスといえます。

まとめ

JALカードのデメリットとして、SuicaやWaonなどの電子マネーにチャージする時にその金額に対するマイルは貯まりません。ですが、Waon付きのJALカードを使えば、マイルは貯まります。イオンで使った場合、お客様感謝デーには5%オフなどの特典もあります。残念ながらチャージにはマイルは付きませんが、チャージした分を使う時にはマイルが付きますのでそこまで大きなデメリットではないでしょう。

関連コンテンツ

公式サイトはこちら